たぬき茶屋

たぬき茶屋

ロープウェイのある天上山は、雄大な富士山と河口湖を正面に見ることのできる眺望の名所であり、太宰治の小説でも有名な昔話「かちかち山」の舞台といわれています。
また、山梨百名山のひとつである、三ツ峠の登山口でもあります。「たぬき茶屋」は、天上山を訪れる人々の憩いの場となるよう、昔話などに登場する“峠の茶屋”をイメージした、日本情緒を感じさせるデザインの建物としました。

たぬき茶屋では、炭火を使ってその場で焼き上げる串団子「たぬき団子」などの軽食類をはじめ、富士山やかちかち山に関する各種お土産物も取り揃えています。

また登山者や観光客の安全や健脚を祈願して、昔話「かちかち山」に登場する「うさぎ」を御神体とした神社、「うさぎ神社」も併設しております。のんびりと富士山や河口湖の風景を眺められる憩いの場として、ぜひご利用ください。

お食事

お土産

~河口湖~ 富士山パノラマロープウェイ オリジナルグッズ

ページトップへ戻る